偶然街でばったりと出会った、元社員の先輩とお茶をすることになったのですが、驚く話ばかりされてしまったのです。
先輩は離婚をして、自分のカフェをオープンすることにしたと話してきました。
お店を開くなんて、随分お金があるんだなと思ってしまったのです。
離婚でたくさんのお金をもらったのか?と思いました。
ところが、そういった類の話ではなかったのです。
以前よりもずっと輝きを増したような先輩を見て、一体どうしたのか?という気持ちになっていました。
「お店を開くなんて、すごくをお金が必要でしょう」
「そうだね、私1人では無理だったかな」
「やっぱり銀行とかに借り入れたり?」
「そういうのもあるんだけど、一番は愛人からかな」
「愛人?」
愛人という言葉を聞いて驚くばかりだったのです。
この先輩はかなり真面目な性格、浮ついた所など一つもなかったのです。
それが離婚をした後、愛人を作ったなんて言うんですからね。
体を相手に預けて、たくさんのお金を支給してもらったのかと思ったのです。
「誤解しないでね、愛人と言っても大人のお付き合いじゃないから」

と真顔で言い出しました。
「それってどういう意味なんですか?」
「愛人と言うよりは、パトロンといった感じかな」
どうも内容が飲み込めなかったのです。
「私の夢を支援してくれる、優しい紳士を探すことに成功したんだよね。驚くかもしれないけど、お店を開くための資金を肩代わりしてくれるの」
「そんなこと有り得るんですか?」
ただただ呆然(ぼうぜん)とするばかりでした。
肉体関係がない、それなのにお店を持つような大金をサポートしてもらえるなんて、信じることはできませんでした。
「世の中には、頑張っている女を応援しようと思うリッチな人いるんだよ」
「それは本当ですか?」
先輩の言うことが本当だったら、私も愛人が欲しいと素直に思えて仕方がありませんでした。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
パトロン募集の成功者から学んだ優良サイト